妊娠とサプリメントと栄養

【気をつけ過ぎることはない!!】妊娠時の食べ物が赤ちゃんに与える影響を知っておこう!!

 

赤ちゃん

妊娠すると赤ちゃんのために準備するものがいろいろとありますよね。ベッドやおもちゃ、食事用のアイテムの数々…まぁ数え始めるとキリがありません。

 

普段は面倒な買い物もかわいい赤ちゃんのためならば、むしろ楽しくなるというものです。

 

赤ちゃんが少しでも居心地の良い生活ができるように考えること自体が楽しいと言ったところでしょうか…。ただし、赤ちゃんの居心地を考えるのは産まれてからだけでいいのかというと、そうとは限りません。

 

 

お腹にいるときから赤ちゃんの環境を考える必要性

つまり、お腹の中にいるときから、それなりの環境を整えてあげることを考える必要があるということです。お腹の中にいる段階では、当然赤ちゃんの様子を直接みることはできないので、そんなことは無理と思うかもしれません。

 

しかし、これはお母さんがどのような生活をしているかによって影響してくるとのこと。見えないからこそより一層の気配りが必要と言えるのかもしれません。子宮の中で赤ちゃんがフカフカのベッドで寝ているようにするのか、硬いベッドで寝ているのか…。考えてみると前者の方がいいに決まっていますよね。

 

子宮をフカフカのベッドにするためには、栄養が深くかかわってきます。つまり、食生活が重要ということです。
これは妊娠してからではなく、妊娠を目指す段階から言えることで、朝食抜きだったり、お昼にコンビニ弁当ばかりでは、妊娠することが難しくなるのも自然なことなのかもしれません。

 

食欲というのは、人間の3大欲求のひとつであり、妊娠を目指さずともみんなが行うことです。ただ、普段のように食欲を満たすためだけに好きなものばかりを食べる…空腹を満たすために食べるという考え方ではいけないのかもしれません。

 

 

不妊と決めつける前に見直すべき基本的な生活習慣について

悩む女性

不妊症の定義というのはなかなか難しかったりしますよね。

「なかなか赤ちゃんができない…私って不妊なの?」

 

こんな心配をする人もいるかもしれません。

 

 

ただ、この段階で自分を不妊症と判断するのは早計なんだとか…。
その他の要因について色々調べても、心当たりがない場合というのは次はどうすればいいのか迷ってしまいますよね。そんな時には、不妊治療をした人の情報を探すのが一番なのかもしれません。これは、患者として不妊治療をした人の情報も大切ですが、治療する専門医からの情報も重視すべきだと思います。

 

専門家の意見は?

何人もの不妊症の人を診て来た人から言わせると、赤ちゃんができにくい女性は必要な栄養を摂れていない人が多いのだとか…。食事というのは、ホルモンバランスとも深く関わってきているので、自分は妊娠することができないと思う前に、基本的な食生活から見なおしてみることも大切なのかもしれません。

 

ホルモンバランスなんて難しいと思うかもしれませんが、そもそもホルモンの原料は食事から作られているわけですから、栄養が足りない上k帯では、ホルモンバランスも崩れてしまうというものです。この影響から月経不順や月経前症候群になったり、生理が来ても無排卵だったりということがあるので注意が必要と言えます。

 

食べ物が大切ということは、妊娠を目指したり元気な赤ちゃんを産もうとしている人だけに当てはまることとは言えません。皮膚や内蔵、血液や骨などが健康であるかどうかは、私たちが毎日食べるものから構成されるということを考えると、誰もが気にすべきことと言えるのかもしれません。

 

このように考えると、妊娠する女性はもちろんのこと、その旦那さんの食生活も一緒に見直すことが必要と言えるのかもしれません。

 

 

 

妊娠時に必要な食材

元気な赤ちゃんを産むためには栄養が大切…

こんなことは誰もが思っている当たり前の事ですよね。

 

しかし、実際にどんな行動をすればいいのか…ということは案外知られていません。

 

 

これは、妊娠してからに限ったことではなく、
これから赤ちゃんが欲しいと思っている場合でも同じです。

 

最近は、不妊治療を受けている人が増えていたり、
不妊外来なんていう言葉も聞く機会が多くなってきました。

 

もちろん、それはそれで効果のある事といえるのですが、
方法のひとつに過ぎないということを知っておくべきだと思います。

 

つまり、きちんとした栄養を摂取することは思ったよりも大変で、
栄養について詳しい知識を身につけることこそ最初にやるべき…と言えるわけです。

 

 

 

お母さんが食べるものの重要性

食べるということは、「体に適した栄養を送ってあげること」です。
妊娠するということは、体の中で新しい生命を育むわけですから、
その生命に注ぎ込まれるエネルギーは莫大なもの…

 

つまり、摂取する栄養に気を遣って最高の環境を整えてあげることが必要になるわけです。
10ヶ月もの間、母体の中で育つ赤ちゃん…
その間はずっとお母さんの体からしか栄養を受け取ることができません。

 

つまり、元気な赤ちゃんを産むためには、ある程度の栄養の知識を
身につける必要があることは容易に想像できることです。

 

「野菜中心の食事にすればいい…」
「コレステロールを抑えればそれでOK」
「お肉の代わりに大豆をとればいいんでしょ?」

 

 

何だかヘルシー志向で健康に良さそうな気がしますが、実はこれらの情報は妊娠を目指す体に良い栄養習慣とは言えないそうです。とは言え、あまりに気を遣い過ぎるとストレスを生み出してしまい、精神的に参ってしまいます。そんな時には、栄養の補助をしてくれる食材から始めるのが一番です。簡単に実践できて、なおかつ体の改善も期待できるのでおすすめです。

 

⇒葉酸を効率的に摂取!!ベルタ葉酸サプリ