加齢臭の原因と対策 サプリメントの活用法

【加齢臭の対処は体の外だけじゃない!!】体の中からケアする必要性とサプリメントの活用法

 

も…もしかして俺…臭ってる?

 

自分の臭いには誰もが鈍感なもの…
自分から臭いは出ていないと思っていても、周囲からは「クサッ!!」と思われることは良くあることです。

 

その中でも、気づきにくい臭いが加齢臭。脇や頭など、特定の箇所からではなく、体全体から発する臭いですから「嗅いで確認をすること」ができません。

 

また、落ちにくい臭いであることも致命的です。お風呂に入らずに臭うのなら仕方がないですが、「これでもか!!」というほど入念に体を洗って臭うというのは何ともショッキングな話です。

 

そんな加齢臭を抑えるための方法として、意外と見落としがちなのが体の内側からのケア。
もちろん、体を洗う石鹸など外側からのケアも大切ですが、内側からのケアを始めることによって臭わない自分へのキッカケを作ることにもなります。そんなわけで、今回は体の内側からのケアの重要性と具体的な方法についてまとめてみます。

 

原因を知ることで対策が見えてくる

原因を探る少女

 

なぜ体の内側からのケアが必要なのか…
臭わない人間になるのは、臭いの原因を知っておくことも大切です。

 

そもそも加齢臭というのは、若い頃に発生する臭いではなく、中年と呼ばれ始める30代を過ぎた頃に発生すると言われています。これは、若い頃の皮脂の分泌が活発であるのに対し、年を取ってくるとその速さが遅くなるからです。

 

新陳代謝が早い若い頃は、古くなった皮脂は角質や汗が分解されることによって臭いを発生させます。この臭いは属に言う「汗臭さ」と呼ばれるもので、お風呂に入ってさっと洗うだけで簡単に落とすことができるものです。そのため、若いころは不衛生にしていない限り、それほど臭いが気になりません。

 

年齢を重ねるとなぜ臭う?

一方、年齢を重ねてくると、皮脂の分泌が少なくなるため、その皮脂がいつまでも体に残り酸化してしまうという現象が起きやすくなります。

 

この皮脂が酸化することによって出てくるのが加齢臭です。
つまり、加齢臭を撃退するには石鹸などで酸化した皮脂を取り除くか、酸化自体を防ぐことが重要になってきます。

 

酸化というのは「錆び」と同じで、老化するイメージです。
そう考えると、体を洗って皮脂を取り除くだけではなく、体の表面にある皮脂を酸化させない努力も必要になるというわけです。

 

酸化を防ぐには、食生活に気を遣って体を老化させない努力が必要になります。とは言え、食生活を改善するのはなかなか難しいもの。簡単にできる体の内側からのケアを見つけることが加齢臭を抑えるための鍵になるというわけです。

 

もちろん、お風呂に入って体をきちんと洗うことも重要ですから、それはそのまま続けた方がいいです。それと同時に体の内側からの臭い対策をする…。この2つの対策が加齢臭を抑えるために必要なことと言えます。

 

具体的なアイテム サプリメントの活用法

加齢臭の対策を完璧に行うには、体の内側と外側からのケアをすれば良い!!
そんなことを言われても、いざやるとなると結構面倒臭いと思うものです。

 

臭いを落とすのに手っ取り早いのが、体の外側からのケア。つまりは、石鹸やボディソープで洗い流すという方法です。やっぱり簡単なことからやろうとすれば、外側からのケアから始めてしまいがち。

 

もちろん、これが悪いこと…というわけではありません。とても大切なことです。何しろ、体の内側からのケアは食生活に始まり、色々と面倒なことが多いので…。正確に言うと、効果を実感できるタイミングが遅いということですね。

 

1日や2日で変わるというわけではなく、ある程度の期間が必要。もちろん、それには個人差があります。なので、結果として、外側からの対策だけを行なうだけ…というケースが増えてくると思うわけです。

 

そんな時に、簡単に対処できるのが加齢臭・体臭用サプリメント。飲むだけで体の中をクリーンにすることができます。
サプリメントに特別な効果があるというわけではありません。あくまで、効果を実感するまでにはある程度の時間が必要になります。

 

ただ、サプリメントは毎日飲んでも面倒ではない…という手軽さを持っていることに注目したいところ。
毎日少しずつではあるけれど、実践するのが簡単なので、知らないうちに対策が進むという結果になるわけです。

 

ものすごく数値化しにくい、「臭い」という要素ですが、サプリメントで効率的に対策を取るのも1つの方法と言えます。

 

⇒ 加齢臭・体臭に期待!!臭ピタ!!